• Jazz Cafe CHIGUSA Jazz Cafe CHIGUSA
  • Jazz Cafe CHIGUSA Jazz Cafe CHIGUSA
  • Jazz Cafe CHIGUSA Jazz Cafe CHIGUSA
  • Jazz Cafe CHIGUSA Jazz Cafe CHIGUSA
  • Jazz Cafe CHIGUSA Jazz Cafe CHIGUSA
  • Jazz Cafe CHIGUSA Jazz Cafe CHIGUSA
  • Jazz Cafe CHIGUSA Jazz Cafe CHIGUSA
  • Jazz Cafe CHIGUSA Jazz Cafe CHIGUSA
archives

ARCHIVES

YouTube・映像新聞、雑誌、Net掲載・ちぐさ所蔵のコレクション紹介

Net掲載

●2019年10月25日 ヨコハマ経済新聞
野毛長卓UTAGE プロジェクト開催に関して
●2019年10月14日 ARBAN
モカンボセッション
●2019年9月17日 神奈川新聞 WEB版
伝説の店「ジャズ喫茶ちぐさ」

新聞/雑誌掲載

Photo Album
Photo Album
Photo Album
Photo Album
Photo Album
Photo Album
Photo Album
Photo Album
Photo Album
Photo Album

ちぐさコレクション

横浜昔ばなし

Vディスク:第二次世界大戦、戦中戦後の数年間、米軍が前線や占領地の兵士に配布したレコード「Vディスク」(78回転)が50 数枚ちぐさには残っています。 (米軍以外でこれだけの数があるのは珍しい)
製作は国家事業であったため所属レーベルや契約は関係なく、数々の大物ミュージシャンがレーベルの垣根を越えて集められ、共演が残されています。 録音されたのは1943年から49年までで、陸軍905枚、海軍275枚、の計1180枚。グレン・ミラー、デューク・エリントン、カウント・ベイシー、ベニー・グッドマン、といったビッグ・バンド・ジャズを中心に、 アート・テイタム、ビリー・ホリデイ、ビング・クロスビー、フランク・シナトラといった豪華な名前が並んでいます。 コレクターの視点から見てもかなり貴重なものと思われる、戦後米軍に接収された場所でだけで楽しまれた音源です。
Vディスクリストはこちらから

写真:店内には奥村勝司氏がスイングジャーナル誌で撮影した写真の数々が飾られていますが、その他にもパネルやアルバムで貴重な写真が残っています。 ビル・エバンス、カウント・ベイシー、ディジー・ガレスピー、ロン・カーターといった来日ミュージシャン、国内では穐吉敏子、渡辺貞夫、日野皓正、クレイジーキャッツといった方々の写真が保存されています。 またスイングジャーナル誌に掲載されなかった360枚のポートレイト写真も店内では閲覧できます。

その他:以前の店から引き継がれた物の中には、SPレコードや、ジャズ関連の専門誌、コンサートチケットやパンフレット以外にも、当時の映画や六大学野球のチケット、落語に関する品も数々残っています。
また、1970年代の日本のジャズ専門レーベル「スリー・ブラインド・マイス」が受賞した、ジャズディスク大賞(スイングジャーナル社)のトロフィーも寄贈されて保管されています。
なお、以前の店が閉店した際に、音響機器と共に椅子、テーブルなどの什器や看板などは横浜市と野毛町の協力で保管されていたため、現店舗では懐かしのそれらの品々がお目にかかれます。

吉田衛 横浜昔ばなし
居留地から落語まで
聞き書きはこちらから

吉田衛さんは自身、外国人居留地に住んだこともあって横浜の歴史に強い関心をもっていた。そして自分が見聞きしたことを残さなければならないともいっていた。そして遺品の中から見つかったのが本文で、5話に分けて紹介します。



CHIGUSA Recordsは2013年5月2日の「開運橋ジョニー照井顕さんを囲む会 & 金本麻里ミニライブ」からはじまったと言っていい。ちぐさの常連さんたちと照井さん一行の交流会となり、最後にお隣の店リヨンのRyuさんこと津田龍一と金本麻里のセッションがこの「枯葉」。



「3.11」1年の再オープン日を間近に控えた2012年2月23日、旧店舗名コロンビアから「CHIGUSA」に変わる瞬間。店内の改装も急ピッチで進んでいました。再興のきっかけはこちらの 「レコード1枚 夢残す」という記事からでした。